今出川キャンパス致遠館地点の遺構の復元展示

今出川キャンパスの致遠館建替えに伴う発掘調査を、2019年度に同志社大学歴史資料館で行いました。

この地点は、江戸時代の公家屋敷にあたります。発掘調査では、東西南北に並んだ礎石列などの屋敷建物の配置がわかる遺構や、それにともなう施設も検出されました。漆喰造り導水施設や、土専 (せん・寺院などに敷き詰める床材)をならべた施設です。いずれも、公家屋敷の庭を飾っていたものです。
  建設工事終了後には、ここに公家屋敷があり調査・記録した証として、一部の遺構を移築展示することとなりました。同志社のキャンパスで、江戸時代の公家屋敷の景観を思い起こしていただければと思います。