最終更新日: 2004年1月20日

岩倉大鷺町地点
発掘調査報告

目次

  • はじめに
  • 例言
  • I 位置と環境
  • II 調査の成果
  • III まとめ(松田)
  • 参考文献
  • 抄録
  • 図・表一覧
  • 写真一覧

  • ※ この報告で用いた遺構・遺物実測図については、PNG形式による縮小画像のみの閲覧となっております。
    詳細をご覧になりたい方、DXF形式のベクターデータでの閲覧を希望される方は、図・表一覧からのダウンロードでご覧いただけます。
    なお、本報告で用いた地図を二次的に利用する場合、個人的な利用の範囲であれば手続き等は不要ですが、別途成果物を作成される場合は国土地理院への申請手続きが必要になる場合がございます。その際は、国土地理院までお問い合わせください。

    岩倉大鷺町地点 発掘調査報告

    同志社大学外国人客員教員宿舎(看山ハウス)新築工事にともなう発掘調査


    II 調査の成果

    2 遺構と遺物

    i 遺構
    (図0405060913,14,15,16,17,18,19)
    条里地割遺構
    (写真04,05,06,07,081120)

     東西方向に軸をもつ畔状の遺構である。トレンチ2からトレンチ6にまたがって検出された。幅は畔上面の広いところで1.7m以上、長さは調査区内で17m以上を検出している。盛土の高さ約40cmが残るこの畔は、地山上面に、地山起源の砂礫が混じる盛土によって形成されている。上層は礫が細かく、堅くしまった粘質土である。土色は10YR4/3及び4/4で、上部に2、3cm粒の石を敷きつめていた。路面の可能性が考えられる。盛土の中・下層は大粒の礫が多く、上層に比べやや砂質である。中層は10YR4/3及び4/4粘土、下層は10RY4/3粘土及びシルトで、掘り下げ中に土器、陶器が出土している。また、条里地割遺構の幅を確認するため、トレンチ6の一部を拡張した結果、東西方向にのびる浅い溝状の落ち込みを検出した(写真19)。条里地割遺構の北裾部分を示す可能性がある。

     なお、トレンチ2の下層を除去した地山上面で、土坑状の落ち込み(土坑13・後述)を検出している。























    フィードバック

    (C) 2003 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use.
    このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
    Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2002/10/22 released.