English Site Map

最終更新日: 2017年7月24日
ホーム - 展示室 - 旧石器文化
Thanks for your access...
3346502
since 2001/10/01
ホーム
戻る [ 展示室 ]


学内の歴史系研究活動

同志社大学内には学生・教員による歴史系研究会がいくつかあります。下の項目をクリックすると、例会情報などが御覧いただけます。

旧石器文化


石材原産地の後期旧石器(3〜1.2万年前)

1

後期旧石器時代には、打製石器の材料として黒曜岩(北海道、中部、九州)、 硬質頁岩(東北)、サヌカイト(瀬戸内)などの限られた地域に産出し、 鋭い割れ口をもつ緻密な岩石がさかんに利用された。 とりわけ黒曜岩、サヌカイトのようにスポット的な産出を見せる石材原産地には、 集中的に石器作りをおこなった多くの遺跡がのこされた。

2

近畿地方では、サヌカイト(讃岐岩)の原産地二上山北麓に石器製作址が多数知られている。 日本列島独特の横剥ぎ技術(瀬戸内技法)でつくられた国府型ナイフ形石器[1]は、 二上山北麓遺跡群の発見の端緒をつくった貴重な資料である。[2]はサヌカイト製の縦長剥片を素材とした 大型削器。右側の鋭利な縁辺には使用による刃こぼれをとどめる。 [3]は石器製作に使用された砂岩製ハンマーストーン(敲石)。縁辺に敲打による潰れが著しい。

3

北海道の白滝、置戸は良質の黒曜岩の産地として著名で、石器製作址を中心とした多くの遺跡が発見されている。 [4]〜[6]は白滝、置戸で採集されたものである。 [4]は石刃製の掻器で、下端の弧状のぶあつい刃で獣皮の脂肪をかき取るのに使用された。 [5]は湧別技法の打面形成の際に生じたスキー状削片を転用した彫器。 おもに骨角や木に溝を刻むために使用された。 [6]はナイフ形石器・掻器・彫器・錐などの素材となる石刃を連続して剥がし取った石刃核。

4
5
6

フィードバック

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2002/10/22 released.