Japanese Site Map

Last update: 11.13.2019
Home - Articles - Excavation Saga7
Thanks for your access...
3728028
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

Learn at ruins - from investigation of HOKUSHIRYO Point -


Yuki MACHIDA
Student of Doshisha University Faculty of Letters
Yuzuru MORISUE
Student of Doshisha University Department of Technology
Wataru MATSUDA
Investigation research worker of Doshisha University Historical Museum

Last Updated on 9.24.2004


 彼岸花が咲く季節となりました。北志寮地点の発掘調査も終わりを迎えようとしています。これまで調査を進めてきたハワイハウス南側の調査区では、江戸時代の生活面で公家屋敷にともなうとみられる区画溝や井戸、巨大な粘土取りの穴などが見つかっています。室町時代の遺構は、主に調査区の西半分に残っていました。なかでも注目されるのが、東西方向にのびる溝状の掘り込みをともなう根石列と柱穴です。これは、数回の立て替えを経た後、16世紀の前半代には埋没したと考えられるものです。また、ハワイハウス西側の駐輪場予定地に設けた調査区では、地表から35センチの深さで明治時代以降の生活面が見つかっています。

 今日はかたい土の表面を削り出す作業。明治時代以降の生活面である。「ガリ」で表面の土を削る。最初はおっかなびっくり削っていた。しかし、だんだん慣れてきて、しっかりと、確実に手が動く。慣れと経験が役にたつ世界。途中、昭和34年の百円硬貨発見!工事の際迷い込んだのであろうか。
(町田)

 初めて現場に出させて頂きました。実際に土を掘り遺物が出てくるということを経験できたことを有り難く思います。機会があればまた現場に出て、現場でしか得ることのできないたくさんのことを学びたいと思っております。
(森末)

 ともに調査をした学生たちには、遺構の検出から平板測量まで、さまざまな局面を体験してもらうことができました。遺跡で学ぶこと。教えてもらう事、自分で考える事。土の中の歴史のこと、発掘調査の技術、それから、ともに調査を進める仲間たちとのコミュニケーション。遺跡の発掘調査は、いわば野外での学舎(まなびや)といっていいかもしれません。


「ガリかき」です

みつかった根石列

平板測量中


Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2018/11/16 released.