Japanese Site Map

Last update: 8.19.2019
Home - Articles - Excavation Saga6
Thanks for your access...
3672492
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

A variant well - second -


Toshio Sukigara
Assistant professor of Doshisha University Historical Museum

Last Updated on 9.3.2004


 この夏の歴史資料館は、一昨年を思い出させるような発掘ラッシュになっています。新町キャンパスでは、北志寮地点の調査が、ほぼ半分終わったところで中断し、解体工事の関係で止まっていた近衛殿の調査が再開されています。前回までお知らせしていた北志寮地点には、この調査が終わってから戻る予定です。

 さて、今回の臨光館地点トレンチは、新町キャンパスの正門を入ったすぐのところで、北と南の2か所が設けられました。現在江戸時代から安土桃山時代を調査中ですが、注目すべき2つの遺構が、見つかっています。

 ひとつは南側のトレンチから見つかった蔵の跡です。浅く掘りくぼめた四角な穴の周囲に石を並べ、さらに土の壁に磚を貼り付けています。上面が厚い焼け土で覆われていおり、中から江戸時代の土器と陶磁器が出土しました。

 この時期のこのあたりは、絵図に従えば近衛殿の周りにあった町屋の敷地になります。しかし町屋といっても立派な蔵をもっていた家だと思っていたら、焼け土の中から未使用の小型坩堝がたくさん出土しました。思い出せば2002年の春に学生会館の調査で大規模な鏡工房がみつかりました。その関係の施設なのでしょうか。

 北側のトレンチからは、石組みの遺構がみつかりました。平面の形は長方形で大きさは1.3×0.7m、深さは1.5mです。地下蔵にしては深くて狭いし、井戸にも見えない。まるで異形の井戸と。

 そういえば7月までおこなっていた臨光館地点の調査で、素掘りですが、やはり異形の井戸のような深い土坑が4つ見つかっています。それらはいずれも近衛殿屋敷の推定地内にあって、およそ15世紀から17世紀まで、順番につくられて埋められていったようです。今回見つかった石組みは、おおむね18世紀と思われますから、もしこれも一連の遺構だとすれば、井戸の様な長方形の深い土坑が、近衛家の独自の文化を物語る歴史遺産だということになります。

 この調査が大詰めを迎える9月には、歴史資料館に新しい専任スタッフも迎え、新たに岩倉校地の発掘も始まります。

 学生君たちも、またひと夏を経て、遺構をみたり、遺物をとりあげたり、実測したり、写真を撮ったり、報告書や図録の編集をしたり、遺跡と関わる中で着実に大きくなっていくことでしょう。


蔵跡


未使用の坩堝


南のトレンチから出土した香炉と朱書き陶器


異形の井戸


Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2018/11/16 released.