Japanese Site Map

Last update: 11.20.2020
Home - Articles - Excavation Saga3
Thanks for your access...
3981378
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

11 : Excavation investigation interim report


Wataru MATSUDA
Investigation research worker of Doshisha University Historical Museum
Doctor's course of Doshisha University Graduate School

Last Updated on 6.3.2003


 4月7日より実施している同志社大学第1従規館地点の発掘調査は、予定されている行程のうち、東半分の調査をおえたところです。
今回は、東半分の調査区でみつかった主な遺構について、その概要を述べようと思います。

 みつかった遺構は、おおきく近世と中世の遺構にわけることができます。

  • 近世
    • 焼土を埋土とし、17世紀初頭頃の土器・陶磁器が出土した土坑(土坑119)。
  • 中世
    • 中世後期(15世紀後半から16世紀前半代)に埋没した南北方向の溝(溝21)
    • 中世後期(16世紀前半代)に埋没した東西方向の溝(溝11)と、南北方向(やや北北東に傾く)の溝(溝18)

 今回の調査では、特に中世の溝状遺構が注目されます。
溝11は、幅1.26m、深さ1.18m、長さ1.85mを検出しましたが、トレンチ外にのびるため不明。溝18は、幅1.3m、深さは場所によって異なり、20〜60cm、長さ24.7mを検出しましたが、トレンチ外にのびるため不明。溝21は、幅1.8m以上、深さ平均87cm前後、長さ23.7mを検出し、その北端が判明しましたが、南端はトレンチ外にのびるため不明。埋土は下層が砂利とこぶし大の礫を含み、遺物を含まず、東側から埋められた状況。上層(砂利を含むシルト層)から少量の遺物が出土しています。これらの溝については、埋土の違い、遺構の切り合い関係や、出土遺物の年代から、溝21が埋没後、溝11・18が埋没したという関係にあります。
 当調査地点は、中世における近衛家の別邸(近衛殿)の南に建立されたと伝えられる「本満寺」の推定地でもあります。その建立年代については未だ定説がありませんが、上記の溝状遺構については、この本満寺との関連性を考慮する必要もあります(発掘物語3第1回第6回参照)。
 なお、これらの溝の埋土からは、13世紀代に位置づけられる「卍」をあしらった連弁文軒丸瓦と、同時期に位置づけられる剣頭文軒平瓦の一部、古代(平安時代)にさかのぼる複弁八弁蓮華文軒丸瓦の一部がみつかっています(発掘物語3第9回)。

 現状で明確な判断を下すことはできませんが、今回の発掘調査により、本満寺と呼ばれた中世上京の寺院について、発掘調査からその実態を解明できる可能性がでてきました。これから調査区西半部の調査を進める予定です。ご期待ください。


溝11(中央)


溝18全景(南から)


溝21(北から)

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2018/11/16 released.