Japanese Site Map

Last update: 11.20.2020
Home - Articles - Excavation Saga3
Thanks for your access...
3981337
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

4 : Remembrance of "strata"


Wataru MATSUDA
Investigation research worker of Doshisha University Historical Museum
Doctor's course of Doshisha University Graduate School

Last Updated on 5.2.2003


旧第1従規館地点での発掘調査が進み、調査区内での土層(土の堆積)が把握できるようになりました。 また、現在の地表面から約2mで地山に達することもわかりました。

以下、基本的な層序(土の堆積の順番と年代)を、上から順に紹介します。

  • 第1層(18〜20世紀)
    • 江戸時代後期から現代までに堆積した層です。
  • 第2層(18世紀)
    • 江戸時代後半期の焼土層です。火事で燃えたものが多く含まれています。
  • 第3層(17世紀後半)
    • 江戸時代前半期の堆積層です。
  • 第4層(17世紀前半)
    • 江戸時代初頭ごろの堆積層で、その上面に焼土を含む遺構が掘り込まれています。
  • 第5層(16世紀)
    • 室町時代後期の堆積層。安土桃山時代の遺構がその上面で見つかりました。
  • 第6層(16世紀前半以前)
    • 室町時代以前の堆積層。黒褐色の土で、遺物はほとんど含まれていません。上面で16世紀前半代のかわらけだまりがみつかっています。
  • 地山(自然堆積層)
    • 礫を含む粘土層です。

第3層は、出土遺物の様相と、新町キャンパスの旧北別館地点の調査成果などもふまえると、1730年に生じた享保15年の大火による焼土ではないかと想定できます。 発掘物語3第2回のゆがんだ染付碗も、この火災にともなう遺物です。 第4層の焼土に相当する火災については、現在検討中です。 第5層以下の堆積については、昨年度調査された旧大学会館地点の発掘調査と共通します。

土層の観察と記録は、地味ですが非常に重要なものです。 というのは、このような土層の観察によって、私たちは数百年の歴史の縮図を、そこに垣間見ることができるからです。

私たちが住む京都の町は、その市街地のほとんどが「巨大な遺跡」のうえに成り立っています。 地下2mという土の堆積のなかにも、これだけの歴史が詰まっているということに あらためて歴史の奥深さを感じます。 今後の調査でも、土層のむこうにある「歴史の縮図」を、見つめてゆこうと思います。


トレンチ2の壁面

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2018/11/16 released.