Japanese Site Map

Last update: 11.20.2020
Home - Articles - Excavation Saga3
Thanks for your access...
3981348
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

2 :The ceramics bowl deformed by a fire


Wataru MATSUDA
Investigation research worker of Doshisha University Historical Museum
Doctor's course of Doshisha University Graduate School

Last Updated on 4.15.2003


本満寺の構え跡(同志社大学新町第1従規館地点)の発掘調査が進行中です。今回紹介するのは、江戸時代の焼土中からみつかった染付碗です。 半分しか残っていませんが、まるで上から押しつぶされたように、高熱を受けてゆがんでいます。もともとは、高台径3cm、高さ5センチくらいの碗であったとみられます。 内外面ともにガラス質の部分が溶けて、火ぶくれが生じ、ざらざらした手触りに変化しています。

 とくに内面には、火事で焼けた磁器の特徴であるヒゲ状の亀裂が見られます。ただしこの「ヒゲ」も縦横無尽に走るわけではありません。 「高熱のせいで胎土が収縮を起こして、おそらく製作時の積み上げ単位に沿って亀裂が入っているのではないだろうか。」 そんなことを考えながら、この火災がおこった当時の状況を思い浮かべます。

 この染付碗がみつかった地点の北側は、江戸時代に「桜の御所」とよばれた桜の名所でした。春になると、名物の「糸桜」を一目見ようと 多くの人々が集い、語りあったことでしょう。この染付碗を使っていた人も、にぎやかな「桜の御所」を肴に、京の春を謳歌していたかもしれません。 ある日突然、このあたり一帯を焼き尽くした火災は、多くの人々の幸せを奪ったはずです。火災の恐ろしさを、この染付碗が象徴しています。 染付椀がゆがむほどの大火事、いったいいつ頃の火事なのか。これからの調査で明らかにしてゆこうとおもいます。


焼けた染付け


焼けた染付け2

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2018/11/16 released.