Japanese Site Map

Last update: 10.5.2021
Home - Articles - Excavation Saga2
Thanks for your access...
4267939
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

Challengers!! Part3


Wataru MATSUDA
Temporary staff of Doshisha University Historical Museum
Takahiro HONBE
Student of Doshisha University Faculty of Letters
Mai KAGATA
Student of Doshisha University Faculty of Economics
Yohko INAMURA
Student of Doshisha University Faculty of Theology

Last Updated on 1.22.2003


 室町殿跡(旧大学会館地点)の発掘調査がおわりました。雨の中、時には風雪の中でもおこなわれた第2期調査。

 狭い敷地内で、解体、建築工事と並行しての厳しい調査でしたが、事故もなく無事に終了することができて、ほっと一安心です。今回は、この調査にかかわった多くの人たちの「がんばり」と、そのなかで感じとった「よろこび」の声を紹介します。(松田)

 今回初めて発掘作業に参加させて頂きました。
 出土する土器を見て、何百年も前の物と現代を生きる自分が同じ時、同じ場所に存在することに感動しました。
 寒さにも負けず、怪力で土を掘り起こす「重機」、そしてそれを巧みに操る作業員の姿に“男”を感じました。血が沸き、肉が踊る思いです。私達が普段行っている作業は多くの人に支えられているのだと、改めて感謝しました。
 「重機」に憧れて・・〜2003年・冬〜(本部)

 今回初めて現場に出ることになり、あらためて自分が携わっている仕事の重要性を再認識することが出来ました。発掘現場での仕事は、新たな発見と驚きの連続で、今まで持っていた考古学のイメージをくつがえすものでした。このような貴重な体験が出来る機会を与えて頂いて、とても感謝しています。
(加賀田)

 今までは、出土した土器を洗ったり組み立てたりだったが、今回初めて発掘現場へ行き、自分の手で掘った。
 その感動や興奮から、雪のちらつく寒い日だったが、妙に心や体は暖かかった。
 そして石の影から都人に応援されてるような気がして…また機会があれば参加したいです。
(稲山)



調査中


調査後


雪の日

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2020/12/09 released.