Japanese Site Map

Last update: 10.5.2021
Home - Articles - Excavation Saga2
Thanks for your access...
4267876
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

From an exhibition


Wataru MATSUDA
Temporary staff of Doshisha University Historical Museum
Doctor's course of Doshisha University Graduate School

Last Updated on 9.14.2002


 9月1日におこなわれた現地説明会で、来場された方々にご意見、ご感想をいただきました。初めて現地説明会に参加された方、母校の発掘に興味があって見に来られた方、地元の考古学ファンですという方の感想や、子供の夏休みのよい思い出になりましたという感想があり、思わずうれしさがこみ上げてきます。

 そのほか、発掘してそこに何があったのかを推理してゆく過程が、説明してもらってよくわかったとか、調査方法のハイテク化に驚いたとか、学生さんの説明がすがすがしくて好感がもてたとか、戦国時代都市図(上杉家本洛中洛外図)に描かれた建物とみられる遺構がみつかって、それが研究と学習に有効に活用されていることに感銘を受けた、といったものがありました。

 また、実際に現説にかかわった学生さんにも感想を書いてもらいました。



・室町殿跡(同志社大学会館地点)の発掘調査、現地説明会に携わって

 8月上旬に、鋤柄先生から「現地説明会の班長をするように」と言われ、何も分からないままその役目に就いてしまいました。現場での発掘作業、展示パネルの原稿作成、遺物の分類など、まったくの手探り状態からのスタートでした。また現地説明会当日は、明徳館ラウンジの展示コーナーで、見学に来て下さった方々からのご質問にお答えする、という役目になっていたのですが、十分な受け答えができずにご迷惑をおかけしてしまいました。
 今回の現地説明会とその準備を通して、「自分では分かっているつもりでも、実は何も分かっていなかった」ということが多々ありました。今回の経験を踏まえて、もっと積極的に主体的に様々なことを学んでいきたいと思います。
(同志社大学文学部2回生 中川 敦之)



 現地説明会をつうじて、発掘調査にかかわった人たち、学生、研究者、一般の人々、それぞれが交流しあうことで、その地域の歴史に対する思いが深められてゆくんだ、と感じました。

 今後、発掘調査はしばらく続きますが、室内での整理作業の様子も、このページでどんどん紹介してゆく予定です。


現地説明会風景

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2020/12/09 released.