Japanese Site Map

Last update: 10.5.2021
Home - Articles - Excavation Saga2
Thanks for your access...
4267889
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

Mission is Possible?


Wataru MATSUDA
Temporary staff of Doshisha University Historical Museum
Doctor's course of Doshisha University Graduate School

Last Updated on 8.28.2002


 9月1日(日曜日)、室町殿跡(同志社大学会館地点)の発掘調査の成果をもとに、現地説明会をすることになりました。今、発掘現場も調査事務所も、その準備で大忙しです。

 遺跡の発掘をすすめながら、みつかった陶磁器をすぐに洗って、注記・接合をして、展示資料の選別作業がすめば、次は展示のレイアウトと解説パネルの作成。さらに並行して豪華絢爛なパンフレットを作っています(当日をお楽しみに!)。

 当日は、2箇所の会場にわかれて、説明会と展示をおこなう予定です(細かい日程は、トップページを参照してください)。

 ではこれから、現地へ案内します。

 まず、第1会場の発掘調査地点へ向かいます。上立売り通りぞいにみつかった室町時代の石敷きや、会館の中庭部分の調査区を見ながら、調査員さんの遺跡の説明に耳をかたむけてみましょう。

 しばらく遺跡をみて、第2会場の同志社大学今出川キャンパスへ向かいます。

 案内の看板にしたがって、キャンパス内に入り、明徳館のラウンジへ。ここでは、今回の調査でみつかった出土品を、解説パネルとあわせてテーマ別に展示しています。実際に展示の計画からレイアウトまでを手がけた学生さんに、展示の説明を聞いてみましょう。きっと、笑顔でこたえてくれます。

 隣の大教室では、埋め戻した調査区の様子もあわせて、パソコンを使ったスライドショウの上映会がおこなわれています。ここでは、調査の成果をダイジェストでみることができます。室町時代の石敷きも、3次元データで紹介されています。

 ちなみに、HPでは、デジタルカメラで撮った説明会の様子を、5分おきに更新してゆく予定です。今回の現説は、上京の歴史研究にとって、大きなターニング・ポイントになるはずです。みなさん、御来跡をお待ちしています。


展示資料の選別中。


展示資料の選別中その2。

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2020/12/09 released.