Japanese Site Map

Last update: 10.5.2021
Home - Articles - Excavation Saga2
Thanks for your access...
4267887
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

Just fit!


Wataru MATSUDA
Temporary staff of Doshisha University Historical Museum
Doctor's course of Doshisha University Graduate School

Last Updated on 8.25.2002


 大学が夏休みにはいり、手伝いにきてくれる学生たちが増えて、大学会館地点の調査事務所もにぎやかになりました。今、この文章を作っているうしろでは、遺物のはいった青いカゴをならべて、みつかった土器・陶磁器の接合大会がおこなわれています。

 みつかったものは、基本的には以下のような手順で整理をおこなっています。

 まず、洗いおわったものを乾燥させて、土器・陶磁器、瓦、金属製品、石製品などの項目ごとに分類して、記録写真をとります。この写真1枚にうつった分ごとに、登録番号をつけます。次に、遺跡の略号と登録番号の注記をして、消えないようにニスをぬっておきます。このあと接合作業にうつります。

 とくに、特徴のある華やかな陶磁器類の場合は、その特徴を覚えておいて、多くの青カゴから同じ個体の破片を探し出して、くっついたということもあります。逆にかわらけなどは、同じような破片がたくさんあって、くっつきそうでくっつかない、という場合がほとんどです。まれに、文字がきざんであったり、書いてあったりするかわらけがあると、その文字の意味を考えたり、その残りの破片を探したりもしますが、その苦労がむくわれないこともしばしばです。

 文字といえば、開元通寶、寛永通寶といった、銭貨の整理が勉強になります。泥をきれいに落とすために、特殊な溶剤をつかって超音波洗浄器にかけた後、手元に『出土銭貨総覧』と爪楊枝を用意して、文字の解読にのぞみます。錆をすこしずつ取り除きながら、字を出してゆきます。わかったときはうれしいのですが、くやしいことに、どんなによくみてもはっきりと読めない文字もあります。

 このような整理作業は、発掘作業とともに、調査の成果を公表するためになくてはならない仕事です。きたるべき現地説明会にむけて、整理作業は続きます。


みんなで接合中。


銭をきれいに。

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2020/12/09 released.