Japanese Site Map

Last update: 10.5.2021
Home - Articles - Excavation Saga2
Thanks for your access...
4267976
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

9th year of BUNMEI Part 2


Toshio SUKIGARA
Instructor of Doshisha University Historical Museum

Last Updated on 7.19.2002


 文明九年は西暦になおすと1477年。室町殿の時代です。そこで、いくつか状況を整理してみましょう。

 まずこの石塔の出土状況ですが、見つかったのは、江戸時代後期より新しいと考えられるゴミ穴で、また、きちんと立てられていたわけでもありません。さらにその加工痕の様子からも、再利用されていた可能性が考えられます。したがって、この石塔に彫られた年号が、室町殿があった頃の年代と読め、出土した場所が室町殿の一角にあたっていたとしても、この石塔と室町殿が直接つながる可能性は、むしろ低いものと思われます。

 次に確認しなければならないのは、一見すると江戸時代の墓塔とも紛うこの形が、室町時代の石塔にあるのかどうかです。詳しい検討は必要ですが、該当する石塔として、笠塔婆の可能性が考えられます。

 庚申懇話会の「日本石仏事典」によれば、笠塔婆とは「長方形の塔身に仏菩薩またはそれにかかわる種子や名号・題目などを刻し、その上に傘を乗せた」もので、塔身は方形の角柱・板状・板状自然石で、基礎は台石を持つものと直接土中に埋め込むものがあり、最古の例は、熊本市本光寺の安元元年(1175)のものが知られています。また川勝政太郎氏の「日本石造美術辞典」によれば、京都市内では、実報寺の開山笠塔婆(14世紀中頃)や妙覚寺の三基の題目笠塔婆(15世紀初め)などが有名で、いずれも「南無妙法蓮華経」の題目と蓮座が彫られているそうです。

 さて文明9年といえば、畠山義就が河内へ帰り、土岐成頼や大内政弘らも領国へもどり、11年間に及ぶ応仁の乱に終止符のうたれた年でした。室町殿も、その前年の11月13日に焼失していますが、この年閏1月には石見に室町殿造営段銭がかけられ、同11月20日には、「敵陣没落、世上無為珍重の儀」として室町殿へ参入する人々で賑わったとされる記事があり、正式の再建は文明11年ですが、焼失後の仮の復旧は速やかにおこなわれていた模様です。

 ところでこういった政治の世界の一方で、とくに応仁の乱前後の洛中は、町衆に支えられた法華宗が飛躍的な繁栄をとげました。その寺院は洛内二十一カ本山と呼ばれ、文明13年の記録には、「当時法華宗の繁昌は耳目を驚かすものなり」と著われ、天文元年(1532)の頃には、「京中大方題目の巷」と言われるほどであったとされます。このうち上京では今出川新町にあったとされる本満寺(本国寺の開山とされる妙竜日静の法孫日秀が、応永16年(1409)に近衛家の外護によって本国寺から分立)が有名で、文明9年には、身延12世の日意が妙伝寺を上京に開いたともされています。

 この石塔は、そんな室町時代の上京を語る証人かもしれません。


石塔の写真。

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2020/12/09 released.