Japanese Site Map

Last update: 8.9.2022
Home - Articles - Excavation Saga
Thanks for your access...
4520376
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

BINDARAI in the burnt soil


Syunsuke SUGIYAMA
Student of Doshisha University Faculty of Letters

Last Updated on 5.14.2002


調査区の北の端、上立売通りに近いところから焼けた土や瓦、炭がぎっしり詰まった石組みが出てきました。ここは、「発掘物語」第十四回で触れられた鏡が見つかった所ですが、発見されたのはそれだけではありませんでした。陶器の小さな入れ物が壊れることなく埋もれていたのです。この入れ物、名前を「鬢盥(びんだらい)」といいます。

これは、鬢水と呼ばれる水性の整髪料をいれた小判形の容器で、考古学の分野ではこう呼んでいますが、化粧史の分野では「鬢水入れ(びんみずいれ)」と呼称しているようです。
産地としては瀬戸・美濃、京都・信楽のものが知られており、江戸の遺跡においてはそのほとんどが瀬戸・美濃産の灰釉陶器で占められているようです。出土遺物の大半は陶器ですが、金属製のものも出土しており、蒔絵や螺鈿が施された高級漆器の伝世品も存在します。

さて、遺物がどんな種類のものなのかがわかったら、次にはいつ、どこで作られたのかを考えねばなりません。
まず産地の特定を試みたところ、胎土や形は瀬戸・美濃産鬢盥の特徴と合致する点が多いことがわかりました。
次に年代ですが、瀬戸・美濃産の鬢盥の類例を調べてみると、形や文様の特徴は17世紀末〜18世紀半ば頃のものにみられます。したがって、この鬢盥はおおむね18世紀前半に瀬戸・美濃の窯で焼かれ、京都へ運ばれてきたものであった可能性が考えられそうです。

化粧道具である鏡と一緒に出てきた鬢盥。もしかしたら、かつてこの二つは同じ所で同じ人に使われていたのかもしれません。たった一つの器からでも、様々な事が考えられるあたりが考古学の楽しさの一つなのではないでしょうか。


今回発掘された鬢盥(びんだらい)
Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2020/12/09 released.