Japanese Site Map

Last update: 8.9.2022
Home - Articles - Excavation Saga
Thanks for your access...
4520495
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

Scenery with a storehouse


Toshio SUKIGARA
Instructor of Doshisha University Historical Museum

Last Updated on 3.4.2002


新町キャンパスの北別館地点から、2個所で石組みの地下式貯蔵穴がみつかっています。1カ所は調査区の南東隅(写真1)、もう1カ所は調査区の南西隅です(写真2)。

大きさは南東隅のものが南北1.4m東西は1.2m以上、深さは45cm、南西隅のものが、南北1.2m東西は1.8m以上、深さは70cmです。両方ともに長方形ですが、南東隅のものは、南西のコーナーに丸みがあります。

これらの遺構は、京都市内で調査をおこなうと、安土桃山時代以降になって多くみられます。

たいがいの場合、最後はゴミ捨て穴とされてしまうため、どのように使われていたのかはわかりませんが、おおむね台所の地下にあったような貯蔵庫をイメージしてもらったら良いのではないかと思います。

だからこういった遺構がどのように配置されているかを調べれば、この時代の屋敷の構造がわかるかもしれません。これからの大きなテーマです。

それからこの遺構には歴史的に重要な役割があります。それがこの遺構の出現時期です。今のところ、安土桃山時代になってどうして普及したのかはわりません。しかし、中世から近世に時代が大きく変わるとき、その何かを反映した結果である可能性は高いと思います。遺構もまた歴史の重要な語り部です。


写真1:調査区の南東隅での貯蔵穴


写真2:調査区の南西隅での貯蔵穴
Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2020/12/09 released.