Japanese Site Map

Last update: 8.19.2019
Home - Articles - Researcher's Note
Thanks for your access...
3672461
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

Ready for New Year?


Wataru MATSUDA
Temporary staff of Doshisha University Historical Museum
Doctor's course of Doshisha University Graduate School

Last Updated on 12.25.2002


 年末年始の寒さもなんのその。新町キャンパス地下整理室で実測をする今日この頃。
今回紹介するのは、出土品の整理作業のなかで明らかになった、お正月にぴったりの文字資料です。

 写真中央の素焼きの土器は、新町北別館地点の調査で、私たちが第3トレンチ土坑17と名づけた遺構からみつかったものです。直径9.8cmの蓋で、つまみがついています。何かの容器の蓋と考えることができます。外面には墨で「百散」という文字が書かれています。いっしょにみつかった染付の磁器(蓋と瓶:写真)、桟瓦の破片は18世紀代に位置づけられますが、これは、江戸時代後期(享保15年<1730>の大火以後)の盛土層に、この土坑が掘り込まれていたことと矛盾しません。

 「白散」とは、いったい何なのでしょうか。調べてみると、白散(びゃくさん)は、お正月にその年の健康を願ってのむ薬酒のひとつで、『日本歳時記』には、百散は白朮、桔梗、細辛を各一匁配合するとあります。また『和漢三才図会』造酒類の「屠蘇酒〔付〕百散」には、天皇が元旦の四方拝と歯固めの供を終えた後、典薬頭が屠蘇(とそ)酒と百散を献上し、それを薬子(くすりこ。毒味をする童女)に試させて、それから奉進したとあり、この儀式が嵯峨天皇の弘仁年中(810〜824)に初めておこなわれたということが書いてあります。またこの薬種には屠蘇百散のほか度嶂散(とちょうさん)というのがあって、飲み方にも順番があり、まず最初に一献が屠蘇、二献が百散、三献が度嶂散とされています。

 「百散」や「度嶂散」と書かれた容器の蓋は、今回紹介したもののほかに、平安時代後期の鳥羽離宮跡でもみつかっています。文献に記された元旦の儀式は、平安時代の京都で実際におこなわれていたようです。

 となると、今回紹介した新町北別館地点の「百散」は、お正月に行われた儀式に関係すると考えてもよいでしょう。土坑17からみつかった白散の容器の蓋と染付磁器の蓋、瓶は、もしかしたら、お正月の儀式のセットがまとめて廃棄されたものなのではないか、という推測も可能です。

 いったい、18世紀の江戸時代に、だれが、この近くで、そのような儀式をおこなったのか。考えるほど、興味深いことです。

 頭の片隅にとどめておきたいのは、この土坑17の位置する場所が、江戸時代に「桜の御所」とも称された「近衛殿」(五摂家筆頭の近衛家の屋敷)の推定範囲内にあたる、ということです。

 お正月に薬種をのむ、という風習は、平安時代から現代にいたるまで受け継がれているもの。みなさんも新年は、「屠蘇百散」をお忘れなく。


「白散」の拡大です


お正月はこれでお祝い

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2018/11/16 released.