Japanese Site Map

Last update: 8.19.2019
Home - Articles - Researcher's Note
Thanks for your access...
3672612
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

Men at Work!


Yoshitomo NAGAMURA
Student of Doshisha University Faculty of Letters

Last Updated on 12.18.2002


 つい先日、京田辺校地にある歴史資料館でささやかな展示替えが行われました。今、大学会館地点出土の土器・陶磁器が展示されています。今回はそのお手伝いをして遺物の展示について学んだことを報告したいと思います。

 発掘現場で遺物を採りあげたときは砂がついたままの破片ですが、洗い・注記・接合というプロセスを経て元の形にもどすことができます。

 それを展示するわけですが、そのためには各遺物が何なのかが分からないといけません。様々な資料でその遺物を調べて名前を付けます(まだ僕にその判別は出来ませんが、折角それが学べる環境にいるので自力でわかるようになりたいです)。産地、形式などでグループ分けをして、次は説明板作りです。

 大規模な展示などでは、業者さんに注文してプラスチック板に文字を焼き付けたりもしますが、今回は自分たちで用意しました。白い板をカッターで切って、先程の名前を印刷したものを貼って完成です。意外ときれいに切るのは難しいです。

 そして並べます。展示スペースが決められているので、その中で効果的に配置しなければなりません。この時に遺物と説明板とのバランスを考えて上手に置くとモノの歴史的な意味がより良く伝えられるようになります。

 同志社大学の新町北別館・大学会館地点の発掘調査に参加させていただいて、もう十ヵ月になります。まだまだ学ぶことはたくさんあります。展示は、発掘調査の延長上にあって、一般公開を視野に入れて遺物の整理をすることで、「何のために」という問題意識を持って仕事が出来るのでとても重要なことだと思いました。


この展示、じきに模様替え(本館2階)


パネルとキャプション作りはコツがいる

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2018/11/16 released.