Japanese Site Map

Last update: 5.27.2019
Home - Articles - Researcher's Note
Thanks for your access...
3627341
since 2001/10/01
Home
Back [ Articles ]

The research workshops of Japanese History in Doshisha Univ.
In Doshisha University, there are several research workshops of Japanese history by students and teaching staff. Please click below items for getting information of the regular meeting.

Past memories


Tatsuya KITANAKA
Student of Doshisha University Faculty of Commerce
Anri OOIWANE
Student of Doshisha University Faculty of Theology
Mai KAGATA
Student of Doshisha University Faculty of Commerce

Last Updated on 10.23.2002


 今日は、整理室をすこし離れて、新しい学生会館へ散歩にでかけましょう。
 おや、中庭のかたすみで、3人の学生が、なにやら石列を囲んで話し込んでいます。ちょっとすみません。
 その石列は?

 この石列は発掘調査でみつかったもので、16C初から17世紀末(安土桃山時代)のものだと思われます。建物の基礎部分、とするのが一般的です。この新町キャンパスは、かの藤原氏の子孫の中でも地位の高かった「近衛殿」という人の邸宅跡で、かなりの規模があります。石列と関係するかどうかわかりませんが、少し知識があれば、ただの石列が大変意味のあるものになるのです。遺跡と遺物から考え、想像し、形にしてゆくのは考古学の楽しい所です。静かに石列が物語っていることを読みとるのは、大切な事です。(北中)


 石列を見て感じたことは、今まではただ歴史で習うだけで、実際にあった、という実感がわきませんでしたが、今、生活しているこの場所で、安土桃山時代のものを生でふれあうことができて、歴史に現実感がもてるとともに、また見る事により臨場感がわきました。昔の人と繋がったような感じがして感動しました。この貴重な体験は、同志社生だからこそできることだと思います。この環境に感謝しながらも、もっと多くの事を学んでいきたいと思います。(大岩根)


 みんなでていねいに掘り出した石列を、一人でも多くの人々に、実際にふれて見ていただくために、発掘された形のまま、学生会館の中庭の角に移し再現しました。本来は、20m南に離れたエレベーター前あたりから発掘されたものです。場所など少しわかりにくいかもしれませんが、石敷きについての詳しい説明板もつける予定ですので、みなさんぜひ見に来てください。(加賀田)


昔の人とつながっているところ


石列の移築復元中

Feedback

(C) 2001 Doshisha University Historical Museum, All rights reserved. Terms of Use. Privacy Policy
このサイトに用いられている地図の作成に当たっては、 国土地理院長の承認を得て、 同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。 (承認番号 平13総使、第285号)
Powered by X-Website ver. 1.2.5 - 2018/11/16 released.